投資マンションは、不動産投資の初心者からとても注目を集めている

運用と利益

本人が運用する必要はない

賃貸管理の魅力は、本人が直接運用する必要がないことです。 不動産を持っている人は、その持っている不動産を収益の道具として利用することができます。 ただし、その不動産を資産運用として利用するためにはそのための資格が必要になるのです。 不動産に関する賃貸や売買については、宅地建物取引業の資格がないと出来ません。 そのため、不動産を利用して取引をするときにはまずその資格を持っている業者に持っている不動産を預ける必要があります。 不動産の業務委託をすると、それに関連する賃貸管理は全てその業者が行ってくれます。 賃借人やそれに関する資料なども全て賃貸管理の一環として取り扱ってもらえるため、大変便利なのです。 本人が運用する必要がないため全く苦労することなく資産運用を実現できます。

報酬として利益を業者に渡す

不動産の資産運用で利益が出たときには、その利益を代わりに運用してくれている業者にも渡す必要があります。 この利益に関しては、業者によって大きく異なります。 基本的に、不動産に関する報酬はほとんどが成功報酬となっていることを忘れてはいけません。 契約や仲介に関しても、その契約や仲介が成功しない限りは賃貸管理として費用を支払う必要はありません。 それに伴う広告費や宣伝費も成功報酬に全て含めることが出来るため、後でまとめて支払えば良いのです。 不動産を業務委託で管理してもらっているときには、一定の管理量が必要になりますがそれほど大きなお金ではありません。 賃料の相場などは全て本人が指摘できるため、まずは相談して一緒にどの程度の費用がかかるのかを調べる必要があるのです。