投資マンションは、不動産投資の初心者からとても注目を集めている

形態と賃料収入

マンション経営の形態の1つ

マンション経営の形態の1つとして、一括借り上げという方法があることをご存知でしょうか。一括借り上げとは、管理会社が、マンションやアパートの部屋を全室借り上げ、その建物のオーナーに対しては、満室時に得られる賃料の一定割合を常に支払う仕組みのことです。例えば、満室となった場合の賃料が、全額で100万円となるマンションの場合、仮に賃料の80%が保証されていれば、そのオーナーは毎月80万円の賃料収入を得ることになります。 マンション経営を行う場合のリスクの1つに、空室リスク挙げられます。せっかく一念発起してマンション経営を始めても、賃借人が見付からなければ、収入にはつながりません。つまり、一括借り上げを利用すると、こうした空室リスクを軽減できるワケです。

管理上の煩わしさからも解放される

さらに、管理会社が入居者を探してくれるほか、その後の入室や退出時の手続きなども管理会社が行います。つまり、オーナー側は、管理上の煩わしさからも解放されるのです。 最近、副業として、マンション経営を検討するサラリーマンも増加しているようです。マンション経営には、住宅ローンを利用した場合の節税効果など、メリットも指摘されています。そして、オーナーが頭を悩ませる空室リスクについても、一括借り上げという対策があるワケです。もちろん、一括借り上げは、利点ばかりではありません。例えば、家賃については、当初、取り決めた金額が永久に続くものではありません。経済状況や建物の老朽化などの影響で減額される場合もあるのです。こうした点には留意が必要となります。