投資マンションは、不動産投資の初心者からとても注目を集めている

交渉と利回り

投資マンションを購入するには、自分の理想の価格になるまで待つことが大事です。あまり購入を急いでしまうと高い収入を得られない可能性もあるので、待つようにしましょう。また、待つだけではなく、投資マンションの売主に自分の理想の金額を交渉してみることも大切です。

Read More

形態と賃料収入

マンション経営には、1つの形態があります。その1つは、一括借り上げというものです。この一括借上を利用すると、毎月高収入を得られる期待があります。また、マンション経営で起こる空室リスクの対策にもなります。

Read More

物件価格と家賃の相場

賃貸経営は、家賃の相場と物件の価格を知っておく事が大切です。なぜなら、家賃の相場と物件の価格が異なれば、バランスを保つことができなくなってしまうからです。ですから、これらの計算はしっかり行なっておく必要があるのです。

Read More

業者と投資顧問

投資には、二つの方法があります。一つ目は投資顧問のサービスを利用する方法です。そして二つ目は、企業のサービスを利用するという方法になります。どちらもインターネットや電話を使って見つける必要があります。特にインターネットは参考になるので、安心してサービスを利用することが出来ます。

Read More

運用と利益

賃貸管理を行なう上での直接運用は必要ありません。しかし、資産運用として不動産を利用する際は、資格をとる必要があります。資産運用をするために必要な資格が宅地建物取引業というものです。不動産の取引をするには、その宅地取引業という資格が必要になるのです。

Read More

初心者でも出来る

不動産投資の初心者に大人気

投資マンションは、不動産投資をこれから始めようとする個人投資家に大変人気があります。 アベノミクスによる大規模な金融緩和により、長期金利の低下傾向が継続していること、および物価のインフレ期待から、不動産投資市場は活気に満ちています。 投資マンションは、区分所有マンションの1室から投資が可能であり、中古であれば数若万円から投資できるため、一棟マンションへ投資する金額が相対的に小さく、現金で購入する個人投資家も多いのです。 少なくとも2020年に開催される東京オリンピックまでは金融緩和政策が維持される可能性も高いことから、投資マンションの売れ行きについても良好な状況が継続することでしょう。でな、どんな投資マンションを購入すればよいのでしょうか。

利回りよりも場所を優先すべき

言うまでもないことですが、投資家が投資マンションを購入する理由は、「家賃収入」を得るためです。バブル期は、家賃収入ではなく物件価格の上昇(キャピタルゲイン)を目的とする投資がほとんどでしたが、現在は安定的に家賃収入を得る目的で購入することが大半です。 投資家にとっては、投資しようとするマンションをできるだけ安く購入しようと考えます。賃料が一定であると仮定すれば、安く購入するこができればそれだけ利回りを高めることができるからです。 しかし、利回りに着目することも大切ですが、投資用マンションの絶対数は2000年代に入り増え続けており、これは競合物件がそれだけ多いことを意味しています。したがって、投資マンションを購入するにあたっては、いかに空室が発生しにくいエリアで購入するかの見極めがとても大切になってきます。